葬儀の喪主による香典返し

親や兄弟、わが子と言った肉親が亡くなることほどつらく悲しい出来事はないでしょう。しかし喪主はこうした悲しい状況の中でも気丈に振る舞い葬儀の段取りをこなしていかなければいけません。特に一般葬をする上で忘れてはいけないのが香典返しの準備であると言えるでしょう。多忙のなか時間を割いて葬儀に参列してくれた人々への御礼の気持ちを香典返しで行わなければいけません。しかし注意しなければいけないのが、物として家に永遠に残るものを差し上げるのはタブーであると言えるのです。コーヒーやお茶など消耗して無くなる品を用意してお渡しするのがマナーです。

葬式の主催者の喪主について

葬儀の主催者に当たる喪主は、昔は家督を継ぐ人がなるものとされていました。現在は、昔ほど厳格ではなく、配偶者、子供、兄弟姉妹など故人と園の深い人がつとめています。また、子供が亡くなった場合には、「逆縁」といって親がなるケースもあります。未成年者しかあとを継ぐ人がいない場合には、親族が「施主」となってサポートすることもあります。参列者が多い場合には、葬儀の規模も大きくなりますので、接待や片付けなどの雑務が多くなりますので、世話役を頼むと頼りになります。世話役の仕事は、受付、会計、接待ですが、知らない人が大勢きますので、金銭を扱う世話役には、信頼できる人に頼みます。喪主一人では大変ケースもありますので、必要に応じてサポートする人を頼むと安心です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の喪主の服装を考える All rights reserved