葬儀時喪主として弔問客への挨拶

ご自分の両親の葬儀を行う場合、そして長男、長女が喪主として式を取り仕切らねばなりません。実際のところ、何をどうすればよいのかはわからないのが現状だと思います。信用できる葬儀社そして担当者さんに出会えることが大事なことになってきます。式に参列してくださった方々に遺族親族を代表してまた故人になり代わって、弔問客に対し、今日この式にお忙しい中参列して頂いたこと、故人の生前に大変お世話になったことへのお礼をします。もちろん、担当者の方から挨拶の見本文があるので、そこに肉付けをすればよいのです。また、挨拶時には原稿を読みながらしても問題ありませんので、緊張せず気持ちを込めて感謝の気持ちを伝えることができます。

葬式の喪主の決め方と役割

葬儀の喪主は、お葬式の内容を取りまとめ、弔問客や僧侶への対応をする重要な役目があります。喪主を誰にするかは、故人の遺言があれば、その遺言に従いますし、ない場合は、故人の配偶者、配偶者が老齢の場合は、長男、次が次男以下の直系男子、男の子がいなければ長女、次が長女以外の直系女子、子供の場合は、故人の両親、そして次は故人の兄弟姉妹となります。配偶者や血縁者がいない場合は知人、友人、または入所していた介護施設の代表者がなる場合もあります。祭祀継承者は一人ですが、決められない場合は、個の役割は二人いてもかまいません。この役割の人が果たすべき事は、葬儀社の選定、お葬式の日時の決定、費用の決定。さまざまな場面でのあいさつや寺院への連絡です。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の喪主の服装を考える All rights reserved