ご葬儀について考えてみる

遅かれ早かれ、どなたにでも必ずこの世とお別れしなければならない時は平等にやって来ます。「終活」は一部の方々の間では流行りの現象にさえなっています。ですがその一方で世間の大部分の方々は、普段はご自分やご自分の身近な方の「最後のお別れの時」について、あまり考えないようにしている様子です。「その最期の時」について、たまには真剣に考えてみませんか?いざとなると、ご葬儀のことなどを考えている余裕はありません。特別な準備が必要かどうかは人それぞれとして、あらかじめお調べになることは決して悪いことではないと思われます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の喪主の服装を考える All rights reserved