葬儀に際しての喪主の流れ

喪主は故人の一番近い親族で、葬儀の代表者となるので、夫婦の場合には、妻か夫、長男や長女などが多くなります。葬儀での流れは、自宅から棺を出棺するときに霊柩車に一緒に乗り、式場に到着すれば司会者との打ち合わせになります。式次第にのっとって住職のお経、親族焼香、一般焼香、弔電拝読、喪主挨拶、棺にお別れの花入れ、式場出棺、火葬という流れになります。火葬中に、お清めの食事をいただきます。火葬が終われば収骨をし、骨壺を持って自宅へ帰り、自宅の祭壇に安置し、線香をあげて終了となります。一日があわただしく終わります。

喪主とは遺族の代表者

葬儀というとほとんどのひとが通夜からお葬式、告別式のことを思い浮かべると思いますが、執り行うご遺族にとってはそれだけではありません。家族や短かな人が亡くなるその瞬間から始まります。現代は病院のベッドで最後を迎えるかたが多いようです。流れとしましてはご安置、びょういん、施設から寝台車で搬送します。おうちあせ、依頼する葬儀社と喪主が打ち合わせを行います。ご納棺、納棺の犠は故人に旅支度の装いを施し送ります。通夜、参列された方々を食事やお酒でもてなします。告別式、最後のお別れの儀式火葬、火葬後骨上げをします。初七日法要、故人が亡くなってから七日目に行います。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の喪主の服装を考える All rights reserved