葬儀は無くなった故人の為に行います

葬儀は亡くなってしまった故人を偲んで行う物です。盛大に行う場合や、家族葬などの身内だけで行う物に別れます。故人の付き合い方や地位によって、大きく行うべきか、身内だけで行うべきか選べるのです。それぞれの葬儀でも、内容は同じで、小さいからと言って手抜きなどは一切ないので、どちらの場合でも亡くなった方を偲んで行う事が出来ます。費用は半分近い差が出ますが、どちらの方法で行っても、安心して行える事ができます。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の喪主の服装を考える All rights reserved