家族葬のメリットデメリット

家族葬は葬儀の一形式で、近年この方法でお葬式を行う遺族が増えています。元々は家族のみで行う葬儀でしたが、家族と親族、または家族と親族に故人の友人を呼んで行うこともあります。いずれにせよ、多くの弔問客の対応に煩わされずに、落ち着いて故人と向き合うことができます。香典返しや会葬返礼品、通夜ぶるまいなどを用意する必要もなく、費用をおさえることができます。葬儀後に訃報を知った知人などから教えてほしかったと文句が出ることがあり、また自宅まで弔問に訪れる人が一般葬より多くなる可能性があります。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; 葬儀の喪主の服装を考える All rights reserved