葬儀での喪主の正式な服装

昔は葬儀における喪主の服装は和装でしたが、最近では和洋装いずれでも問題なく、むしろ洋装が一般的といえます。葬儀においては男性の場合、洋装なら黒のモーニングに共地のベストに黒ネクタイでズボンは縞柄で、裾はシングルと言うのが正式な喪服ですが、通夜同様に略礼服で済まされる方も増えています。また和服の正式喪服は、黒羽二重の染抜き五つ紋付きに羽織袴です。女性の場合は和装にされる方が、まだ多いようですが、この場合には関東では羽二重に染抜きの五つ紋をつけた黒無地で、関西では地紋のない縮緬が正式な喪服です。また洋装の場合は黒無地のワンピースやスーツで、ボタンは共布か光沢のない黒色にします。アクセサリーは、結婚指輪以外は付けませんが、パールのネックレスかイヤリングだけは付けても良いと言われています。

喪主として参列客への接し方

葬儀において喪主は式全体の主体となります。長男、長女であればいつの日かその大役を務める日が来ることでしょう。自分の両親の葬式であれば通常その大役が回ってきます。親を亡くした悲しさ、寂しさの渦中にありながらも、葬儀に参列して頂いた故人の友人、知人などに対しおもてなしをしなくてはなりません。悲しみを抑え込み参列客一人一人に参列して頂いたことに対して挨拶をしなくてはなりません。そこでは、喪主本人が知らないエピソードなどを参列客から聞くことができることでしょう、そういった話を聞くことによって、親の知らない一面を知ることができるので、一人でも多くの参列客の話を聞くことが大切です。

↑PAGE TOP

Copyright © 葬儀の喪主の服装を考える All rights reserved